フラット35を利用する時には印紙代などの諸経費のことを忘れないように!

フラット35の申し込みや借り入れのときに、諸費用がかかります。
フラット35の契約締結時の契約書に貼る印紙代などです。
借入金額に対しての印紙代は決まっていて、100万円を超えて500万円以下の借り入れなら、2.
000円です。
印紙を貼るというのは税金を納めることと同じですが、時々税制の見直しがあるので、こちらの金額もその都度、税務署のホームページなどで確認すると良いでしょう。
また、印紙は、住宅と土地の購入時の売買契約書、住宅建設時の工事請負契約書にも添付が必要です。
また、フラット35で借り入れの出来る物件かどうかの、物件検査の手数料や、住宅にかける災害保険、住宅ローン保証料も必要です。
ローンさえ借りれば住宅に関する資金の調達は済んだように思うかもしれませんが、このように細々とした諸費用がかかるものなので、あらかじめ余裕の資金を用意しておくのが良いでしょう。
フラット35金利引き下げ0.6
絶対当たらない占い