黒いムダ毛に反応する光脱毛は産毛には効きにくい?!

光脱毛はムダ毛の黒い部分に光を照射させ、反応を得ることで脱毛させることができます。
光脱毛は熱いのでは?と心配される方もいると思いますが、受けてみると、光が当たったらちょっと熱い場合もあるかもしれません。
しかし、それは瞬間的になくなります。
それから、光脱毛を受ける時は肌を冷却しながら行うため、肌が赤くなったり等のトラブルは多くはありません。
ニードル脱毛の場合、毛根の中に直接細いニードルを差し込んで電流を流しますので、施術の直後には跡が赤く残る可能性もあります。
しかし、施術後に脱毛箇所を充分に冷やしてあげると翌日には跡がすっかり消えている場合がほとんどということなので心配する必要はありません。
脱毛サロンにおいて脇の脱毛をしたら汗っかきになったという声をしばしば耳にしますね。
脇の毛が無くなったことから脇の汗が流れやすくなって、そう感じるだけみたいですよ。
必要以上に気にするのも良いことではありませんし、こまめに汗を取って清潔を心がけていればよいでしょう。
色々なむだ毛の脱毛方法がありますが、その中でもニードル法は永久脱毛効果が最も期待できる処理方法だといえるでしょう。
現在は脱毛クリニックなどの医療機関もしくは一部の脱毛サロンでしか行われていない脱毛法です。
強い痛みのせいで、レーザー脱毛と比べると人気はないのですが、効果が高いので、あえてこの方法で脱毛を行う人も増えてきているようです。
講習を受けるとどなたでも機器を扱うことができる光脱毛の施術というものは、脱毛エステサロンで施術してもらうことができますが、レーザー脱毛だと医療行為になるので医師免許がないと施術ができません。
ですので、医師なしのエステサロンでレーザー脱毛をしてしまうのは、違法になります。

脱毛サロンランキング