ランドセルを購入するならイオンと通販どっちがいい?

小学生の時しか使えないものといえばランドセルを思い浮かべる方が大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子はほぼ選択肢がなかったですが最近では色々な色やデザインが登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

確かにここ数年、緑系やピンク系が25%と1番人気ですが赤系は1番、2番人気を保ち続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色合いや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

夏休みが近くなると来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期とも言われています。

おそらく最初はネットで値段をチェックする方も多いと思いますが意外と価格が高いということに驚くのではないでしょうか。

クラリーノを生産しているクラレの調査によると2016年度入学する子供のランドセルの平均価格は45.000円以上だったようです。

なぜ価格が全体的に高くなるのかというとA4フラットファイル対応が主流になり使う材料の量が増えていることや色やデザインの種類が多くなっているので開発費がかかっているためなどがあるようです。

売り場で選ぶのに困ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

夏休みは「ラン活」が本格化する時期と言われています。

ラン活とは来年入学の子供が通学時に使うランドセルを探して購入することです。

ラン活に際して気になるのは値段の相場です。

1番人気の価格帯は4万円台になっているようです。

調査によると7割近くの人が3万円台?5万円台を選んでいます。

市場には1万円台の商品もあるようですが6年間使い続けるということを考えると安いものだとなんとなく不安に思ってしまいますよね。

実際に百貨店で販売員をしていた方の言葉を参考にするとやはり3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいようです。

この前、個人的にランドセルについて調べていたらアディダスをはじめとしたスポーツブランドのランドセルがある時代なんですね。

アクティブな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の評判を集めてみたところ百貨店モデルでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているので低学年の頃など元気一杯で扱いが荒い時期に機能が似ているところも多く見受けられます。

他にも背カンにはフィットちゃんがロゴが反射プリントされているので冬の夜や暗い道などで存在がわかりやすくなることなど防犯面が上がっています。

みなさんが小学生の時に通学する際のカバンは何を使っていましたか?大半の方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを背負っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、特に低学年時に汚れないようにランドセルカバーの需要も増えてきています。

男女両方で人気のデザインはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが人気なようです。

また、男子の場合は黒ベースのものが人気のようです。

他の人とデザインが被らないようにしたいという場合はハンドメイドサービスで探してみても良さそうです。

最近はリビングで宿題などの勉強をする子供が増えているそうです。

リビングでの勉強は家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからない箇所を聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

そのため、あえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

リビングにランドセルを置くとインテリアとの調和性が不安となりただリビングに置くと家具と合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックや収納アイディアで解決してはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下などの空いたスペースにカラーボックスを置いてみたり、現在使っているラックの一部をランドセル用に使う、ランドセル自体がそれなりに重さがあるのでフックの強度に気をつけてください。

子供が小学校を卒業した後に悩むのが使わなくなったランドセルの処分をどうするかということです。

捨ててしまう、人にあげるという人も依然多いですが最近では財布やパスケースにリメイクするサービスの人気が上がっています。

なぜリメイク出来るかというとランドセルは長期間使うことを前提としているため撥水性や耐久性に優れた素材で6年使ってもまだまだ使える状態のままが多いです。

そのため、愛着を持っているから捨てられずかと言って押入れに入れておいても邪魔になってしまいます。

例えば、パスケースにしたり、財布にして形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

初めてのことはどんなことでも不明点だらけですよね。

特にランドセル選びなどは滅多に経験しないので選ぶのに迷いがちです。

各社の製品について口コミなどから比較してみました。

まず、ランドセルメーカーの数が多いので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで行う会社と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と企画まで任せて販売のみ行う企業の3種類があります。

製造から販売まで自社で行なっているメーカーの品質はまず間違いないです。

次にオススメするのは販売のみ行う会社です。

別業界の有名ブランドの製品がこの部類に当てはまります。

この場合は、工場側からブランドへ企画を出すことが多いので質が良いことが多いです。

スマホが普及して何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを基準に選んで後悔した経験もあると思います。

それはランドセル選びをする際も一緒です。

ラン活を初めて行う際はわからないことだらけで評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、実際にどう作られているかの情報と言われています。

また、口コミを調べるにもメーカーは数十社、種類は数百種類もあり、何を選べば良いか決められないという話も多いです。

一番簡単な選び方としては最初にメーカーを1、2社選んでしまうことです。

1、2社なら情報を集めるのも比較的楽なはずです。

ここ数年で夏の風物詩とも言える光景がイオンなどで見かけます。

それは子供と両親と祖父母のグループがランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここではおそらく見に行くことの多いイオンオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」について調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは色々な種類や色など、幅広いラインナップから実際にに背負って選べることや意外と高機能な製品になっていることです。

デメリットとしてはラインナップが幅広く選択肢が多いので奇抜な色などを子供が気に入ってしまうことがあることです。

毎年種類の増えているランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう買いましたか?まだ決めていない人の多くはおそらく夏休みのうちに決めたいという人も多いのではないでしょうか。

ランドセル業界にも流行は存在しているのでラン活をするにあたってトレンドを知っておきましょう。

2018年度入学の女の子向けの売れ筋は王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが特に人気だったようです。

刺繍などのデザインはこのように繊細で上品なものが最近は主流です。

刺繍などのデザインがないシンプルな場合では本体はブラウン系、ふちをピンク系といった組み合わせも人気です。

ここ何年か、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設販売コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を見て気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は4月頃にはラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている方は早いうちから情報収集をしている方が多いようです。

工房系の製品は店頭販売せず通販限定になっていることも多くできれば実物を確認しておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から展示会を行っているメーカーもあるので今からでも情報を調べてみてはいかがでしょうか。

小学校への入学時は教科書や学校によっては制服など思った以上に費用がかかります。

その中でもランドセルは色々な価格帯がありますがいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた知り合いのアドバイスによると予算としては3万円以上にしておくとある程度の品質が見込めるようです。

実際の売れ筋も4万円台というネット上の調査結果もあります。

その中でもできるだけ安く購入したいという場合は国産ブランドのアウトレットを活用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで飾られていたものや少し傷がついたもの、機能的にほぼ変わらない型落ち品などがかなり安く買えます。

夏休み前後からはラン活も本格的になる時期です。

調査によると7月?10月がピークとも言われていますが人気上位の工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを検討している場合は早いうちから情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合に困ることが子供の心変わりです。

例えば、お友達が何色だったとかで同じ色が欲しいなんてこともあります。

個人的に購入するのにオススメなタイミングは年末年始です。

年末の決算で安くなっていたり、入学3ヶ月前ならそこまで急激に体型も変わることもないので体に合ったものが選びやすいからです。

一時期、タイガーマスク運動と呼ばれるランドセルを孤児院などの施設に寄付する運動がありましたね。

寄付する気持ち自体はもちろん素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望がミスマッチすることもあります。

実際にこの現象の発端となった人ものちに「ランドセルの寄付は意味がない」と発信しており本当の思いは子供達の支援が広がるきっかけになればというところだったようです。

皆さんもプレゼントを贈る際は贈る対象が本当に。

現在必要なものは何かを考えて贈りたいですね。